エンジンスターターとは、リモコンによる遠隔操作によってエンジンを始動・停止させる装置のことをいいます。
操作可能な範囲は製品によって異なりますが、一般的に普及しているモデルでは200~300メートル程度が遠隔操作の有効範囲となっています。
この装置を装着するメリットは、離れた場所からエンジンを始動させ、事前にエアコンやクーラーを作動させておくことで、自動車の室内を快適な状態にしておくことが可能な点にあります。
離れた場所からエンジンを始動させておく場合、車が盗まれるなどのリスクが考えられますが、そうしたリスクに対処するため、ほとんどのモデルではイモビライザーと呼ばれるキーの照合システムが組み込まれ、専用のキー以外からの操作は受け付けない仕組みとなっています。
また、最近ではエンジンの遠隔操作だけでなく、エンジンの停止後も一定時間アイドリング状態を保つ「ターボタイマー」の機能を搭載しているモデルが一般的となっています。
ターボチャージャーユニットを搭載している車では、高速走行時にエンジンオイルによってユニットを冷却する仕組みとなっていますが、停車してエンジンを停止させた場合、エンジンオイルの供給も停止されるため、ユニット内部の温度が上昇し、ユニットが損傷する危険性があります。
それを防止するには、停車後はユニットの温度が十分下がるまでエンジンを動かしたままにする必要がありますが、ターボタイマーには一定時間が経過後に自動でエンジンを停止させる機能があるため、装着しておくことで停車後にすぐ車を離れることが可能となります。

gf1420065548l