求人広告の見方

仕事探しに役に立つのが求人広告です。求人広告に掲載されている情報を正確に読み取るには、どう読めばいいか知っておくことです。就職先探しが初体験だという人は、求人広告の正しい見方で迷ってしまうことがあるといいます。給与の種類についても、月給や日給の他に、日給月給というのもあります。求人広告で書かれている給与は、手取りか額面かでも大きな違いが生じます。求人広告に表示している賃金額はたいていの場合、額面で書いてあります。入社してから予想していた給料よりも随分と低くて困ることが無いようにしましょう。聞きづらいことかもしれませんが、正式に雇用が決まる前に確認しておいた方がいいこともあります。厚生年金や健康保険に入っていない場合、求人広告の時点で社会保険等について全く書かれていなかったということもあります。休日に関してもきちんと理解しておきましょう。求人広告の休日表記には、完全週休2日制と週休2日制がありますが、この2つは同じ意味ではありません。1週間に休みが2日あるのが原則ですが、1日しかない週もあるのが週休2日制という言葉の意味です。完全週休2日制になると毎週必ず2日の休みという事なので、同じ事を表しているようですが実は異なった休日制度なのです。休みや給与については、なかなか聞きづらい事ではありますが、働きはじめてからでは遅いので求人広告の内容を面接の際にきちんと確認する事をおすすめします。

求人広告の待遇について

求人広告の条件が自分の希望に合致していたので就職したところ、給料や待遇が思っていたものと違っていたということがあります。給料面でも求人広告の内容を大きく下回っているという人もいるようです。会社によっては、試用期間の3カ月間の給料は、求人広告より安いということもあります。雇用保険や社会保険は正規に採用されなければ加入しないといったケースも見かけます。求人広告に記載されていた金額は、手取り額になるだろうと思っている人もいます。総支給額から税金や保険などが引かれて後の手取り金額を見て、愕然とした人もいるそうです。保険や税金の制度についても知識が無ければ、面接の際に聞くこともできません。ある程度の知識は持てるように心がけましょう。求人広告の中には、話がうますぎるような条件のいいものもあります。誰もがお金をたくさん稼げるようにも見えますが、実際のところは売上げによって給料が決まる歩合制ということもあります。求人広告の情報だけを鵜呑みにせず、雇用契約書を交わす時には、歩合なのか固定給なのか割合はどれくらいなのかをはっきりとしておかなければなりません。求人広告に記載されていた給与額と、現実の給与額に大きな開きがあるような自体は本来はいけないことですが、事実としてそういうことは珍しくありません。収入や休日などの労働条件についての質問は、マイナス評価にならないかと心配な面もあります。退職理由の上位にくる項目でもあるので求人広告の内容を上手に質問できるように、面接時には前もって準備しておく事が大切です。

求人広告で仕事探しをする

新聞の求人欄や、求人雑誌などに求人広告が掲載されています。会社が、雇いたい人材を求めているものです。広告媒体や求人の形によって求人広告の形は色々です。ネット環境の普及に伴って、最近は新聞や雑誌より、インターネットを使った求人募集が増加してきているようです。多くの人が無料で閲覧できて、手軽に応募できることがネットの求人広告のメリットといえます。近年では景気の底からなかなか脱却できず、求人数が減少しています。数多くの求人情報の中から、自分の条件に合う求人を求めて、たくさんの人が求人広告に目を通しています。会社側からすれば、より多くの人が募集してくれるほど、条件に見合った人材を選抜することがしやすくなるわけです。求人広告を見て応募をしてきた人が多い方が、条件に合致する人を選んで雇い入れることが可能になるでしょう。求人広告を出すのは、会社にとっても、応募する側にとってもメリットがあることですが、求人広告の見方を知っておくことが大事です。求人広告には月給が掲載されていることが多いですが、1ヶ月あたりの給料の他に、賞与、昇給、交通費の有無なども重要です。月収の高さから、一見して待遇のいい仕事のように見えても、実は年収はそれほど高くない場合もあります。社会保険に入っているかも重要です。求人広告に書かれている内容をしっかり確認することで、入社後に計算ちがいに気づくといった状況を回避できます。